SQLite3に、ODBCで、Excel から、直接アクセス

(データを破壊するとダメなので、データベースを事前に別名でコピーしておきましょう)


1.SQLite3 ODBC などで検索して、SQLite ODBC Driverへ。

Windows7 32bit環境なので、sqliteodbc.exe  をダウンロードします。

ダウンロードした、sqliteodbc.exe を実行します。

3.SQLite ODBC Driverのインストールがスタートします。

4.

5.

6.チェックなしで、インストールします。

7.

8.Windows7 で、ODBC の確認をします。(8.-12.までは、確認で、インストールとは、関係ないので、飛ばしても大丈夫です)

9.管理ツールを選択します(別の方法で選択していただいても、大丈夫です)

10.データソース(ODBC)を選択

11.

12.システムDNSを押します。


13.Excel2003からのアクセス

14.データ→外部データの取り込み→データの取り込み

15.新しいソース

16.その他/詳細

 

17.

18.

19.SQLite3 Datasource

20.更新

21.接続のテスト

22.

23.Browse

24.den6_SQLite3_demo

25.事前にコピーした、データベースを指定

 

26.OK

27.

28.使用したいテーブル名を指定して、次へ。

 

29.完了

30.開く

31.OK

32.指定した、テーブルがExcel形式で、オープン。

33. 簡単な、SQL文を実行します、データ→外部データの取り込み→クエリの編集

34.

35.SQLを選択します

36.コマンドの文字列に、 select cuno,custo1,custo2,tel from custo order bu desc 

37.SQLの結果が表示されます。